携帯電話会社の回線をよりもWifiの方が速度が上

携帯電話ショップで契約したタブレットは、特に設定を変更しない限り、その携帯電話会社の回線を利用します。

見た目はタブレットでも通信の仕様は、スマートフォンと同じ形になります。そのため外出先でもネットが普通に利用可能です。旅先で少し観光情報を調べたり、通勤通学の途中にニュースを確認したりと大画面で快適に色々な情報が得られます。一方で自宅にWifiルータがあるなら、原則として帰宅した後は携帯電話会社の回線から、自宅のWifiに接続先を変更すべきです。

自宅のWifi回線へ変更する事で、その後の通信量を抑えられます。ずっと携帯電話会社の回線を利用すると通信制限がかかる原因になったり、月額料金が高くなる原因になりますし、そもそも一般的な契約だと速度が自宅のWifiよりも遅い可能性大です。まだ自宅にWifiルータを置いていない方は前向きに設置を考えましょう。

タブレット以外に、ワイヤレス通信が出来るゲーム機やテレビやプリンタ、ノートパソコン等があれば、個人宅でプロバイダ契約をしてモデムとルーターを設置した方が、快適な通信速度で毎日ストレスフリーでネットが活用出来ます。

最近の無線LANはひと昔前のそれと比較して通信の速度と品質の両方が非常に向上しました。一般的な価格帯のルータでも、光回線の速度を正しく発揮出来ますし、距離が離れても快適にネットが使えますし、複数台の端末を並行してオンライン化出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *