Wifiルーターについて

Wifiルーターは自宅内のインターネット環境の構築に欠かせない機器です。

インターネットが普及するまでは、ルーターと言えばIPネットワーク同士を接続する機器で、いわゆるルーター機能をもつものを指していました。したがって、ネットワークを構築する企業や特別な場所でのみ使用するものだったので、馴染みがありませんでした。

しかし、インターネットが普及してからは、自宅にモデムやルーターを設置する機会が増えました。プロバイダへ接続するための必須機器だったので、家電量販店でも低価格で販売されるようになり、一般にも知られていきます。最初は有線のLANケーブルをパソコンからルーターへ接続していましたが、無線LANが普及するにつれ、自宅のルーターは、Wifiルーターに変わり、パソコンからは無線で繋げるようになります。

携帯電話やスマートフォン、タブレットが開発されると、携帯電話回線がたくさん使われるようになり、インターネット回線への誘導で回線消費にブレーキをかかります。この一役を買ったのが、Wifiルーターで、外出先でもスマートフォンからはこれを経由させてインターネット回線が利用できるようになります。

今では、民泊Wifiと言って、外国人観光客が手軽にインターネットを楽しむための高速接続サービスができて、日本人以外にも、普及しています。簡単な設定と低価格及び即日使用が可能なので、外国人観光客だけではなく、日本人も契約が可能で人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *