新規でWifiルーターを契約するときの注意点

Wifiルーターとはインターネットをつなぐためのもので、自宅で使うタイプと持ち歩くタイプとあります。

自宅で使うタイプは基本的にプロバイダがレンタルとして提供するのがありますが、自分で市販品を購入して使うこともできます。自宅で使う場合は電話回線からつないで家中どこでも使うものに対し、持ち歩くタイプは出先などで使います。もちろんスマートフォンだけでもインターネットは使うことができますが、ノートパソコンやタブレットを利用するときに役に立ちます。

また、複数の端末とつなぐことができるのがほとんどなのでその時は便利です。Wifiルーターはいくつかの会社があり、そのプランは大きく分けて2つあります。使っただけ請求される従量制や一定額を支払って無制限に使う定額制の2種類です。従量制は基本料金が安く通信量の制限があり、その範囲内ならば動画も楽に見ることができますが、制限を超えると極端に通信速度が遅くなり、動画どころか通常のネットを見るのが困難になったりします。

もちろん追加料金を支払えばそのまま使えますが、使いすぎるとかえって高くつく場合があります。定額制は基本料金は従量制に比べて高いですが、どれだけ使っても速度制限が付くということはなく、通信量を気にしないで使えるメリットがあります。しかし、完全に無制限というわけではなく、何日かの一定期間で上限を超えた場合は一時的に速度制限がかかることがります。

これらは会社によって料金やプランが異なり、Wifiルーターだけではなくパソコンやタブレットと一緒に購入した時のサービスだったり、また契約期間や故障した時の補償などさまざまな内容があります。ただ、注意しなければならないのは一部は最低契約期間が設けられていて、その期間を間に解約すると違約金が発生することがあります。新規で契約するときは、こういったことも確認しておくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *